「ありがとう207系の旅」体験記。

JR東日本東京支社主催の旅行商品「ありがとう207系の旅」。定員500名という巨大なツアーですが、やはり即日完売してしまったようです。今回は事前にこのツアーの情報をキャッチ出来たので、予約がとれて参加することが出来ました。松戸~取手間の往復と松戸車両センターでの撮影会という短いツアーの模様を公開します。

SSCN55380136

松戸駅構内の「びゅうプラザ松戸駅」横で受付が始まったのは予定より15分早い10時丁度。記念商品(もちろんサボプレート。悪用防止の為、ここでは非公開。当然、旅行代金に含まれているはず)を受け取り、乗車する号車の列に並ぶことに。

10時半から5番ホームへ移動。ホームではすでに大勢の人がカメラや携帯電話を手に入線を待っていました。そして、入線するとそのまま車内へ。「ご招待」された車両は残念ながら7号車(サハ207-901)。車内は中吊り広告がそのまま残されていていました。

10時50分に発車。そのまま緩行線を走り、普段は停車する各駅を減速して通過。順調に走っていたものの、我孫子駅の手前で急停車。しばらくして運転を再開したものの、ホームにさしかかったところで再び急停車。「おじゃま虫」が線路に乱入したという通報があり、緊急停車したそうです。

SSCN55390137 

取手駅に到着。この時間、各駅停車は我孫子駅で折り返している為、1番ホームは閉鎖されているのでは・・ところが、すでに大勢の人が待っていて、到着と同時に「大撮影会」が始まりました。押すな押すなの大騒ぎで、携帯電話のカメラで撮影するのがやっと。シャッターチャンスが1度も無いままタイムリミットを迎え、再び車内へ戻りました。ちなみに、方向幕は「団体」でした。

車内の車号プレートの下には誰が貼ったのか、上のような状態に。

11時50分、松戸駅を目指して発車。今度は順調に走破し、12時16分に到着。ここで一旦解散となり、松戸車両センターまで徒歩で移動することに。「アリの行列」のごとく、松戸駅の東口から車両センターまで長い列が出来たことは言うまでもありません。

SSCN55400138 SSCN55410139 SSCN55420140

徒歩で15分ほど、松戸車両センターに到着。受付で記念弁当(これも旅行代金に含まれている)を受け取り、会場へ。全員が揃うまでは開場しない方針のようで、待たされることに。

SSCN55430141

待っている間に撮影したクモヤ143。車内に入ることが出来たのですが、撮影だけ済ませることにしました。

SSCN55440142    DSCN54620076

いよいよ開場。一部の人は、「手ぶらでは帰さない」と言わんばかりに売っている会場限定商品のコーナーへ。今回は「ありがとう207系の旅 カレーセット」。207系のデザインの箱、「タッチ&ゴー」のおまけ付きというものですが、買う気は全く無し。撮影の前にまずは腹ごしらえ。休憩用としてE231系の121編成と131編成が待機していました。

弁当はもちろんNREブランド。右上の「207」は「ようかん」でした。

SSCN55450143

今回の主役。ヘッドマークは先程の松戸~取手間の往復の際のものと同じです。撮影会開始からしばらくの間はこの場所には大勢の人が順番待ちをしていて、いら立っている人の姿もありました。この1枚は混雑が解消されてきた頃に改めて撮影したものです。

SSCN55460144        SSCN55490147

役目を終える207系の隣には最新鋭のE233系の姿が。個人的には「最高の2ショット」ではないかと思い、何枚も撮影してしまいました。

SSCN55470145

エメラルドグリーンの一族。E231系、203系、209系1000番台。右の209系の帯は色あせが目立ちます。

 SSCN55480146 SSCN55500148

午後から雨の予報。この時点で雲行きがさらに怪しくなってきたので、撮影を終えて一足早く会場を後にしました。松戸駅に戻る途中でやはり雨が降り出しました。

この記事へのコメント

2009年12月06日 16:48
こんにちは、ツアーに参加されたのですね。うらやましいです。

207系は乗りたくても、なかなか乗れない車両でしたが、後世に語り継がれるものになると思います。
まめ写真館管理人
2009年12月06日 21:12
コメントありがとうございます。
やはり207系には、ほんの数回しか乗ることができませんでした。もちろん、記憶に残る車両だと思います。
そうと
2012年04月17日 08:50
209系の色あせはクハ209-1002のマト82編成でしょう。中学生のじぶんは207系は見た覚えがなく・・・(松戸駅利用者ですが・・)一度は記憶に残しておきたかったです。貴重なお写真ありがとうございました。

この記事へのトラックバック