「SLばんえつ物語」号、新たな1ページ。

今年もSLばんえつ物語号の運行が始まりました。昨年は10周年ということでしたが、乗ることが出来ずシーズンが終わってしまいました。その悔しさを晴らすべく、運行初日の列車に乗ることにしました。遅くなってしまいましたが、運行開始日、2010年4月3日の模様です。

SSCN58880490 

4個列車分の指定席料金が含まれた「土・日きっぷ」が廃止となり、ウィークエンドきっぷに往復の指定券を買い足す為に割引率が下がってしまいました。その為「えきねっと」を利用して往復の新幹線の指定席特急券を少しでも安く購入することにしました。

Maxとき303号で新潟駅に向かい、ばんえつ物語号の発着する7番ホームに降りるとすでに入線済み。先頭では出発セレモニーが行なわれる為、撮影は不可。最後尾には新津から牽引してきたEF81-140の姿がありました。(出発式の模様は大勢の人の顔が写る為、撮影していません。)

SSCN58890491 大勢の見送りを受けて、曇天の新潟駅を出発。沿線でも大勢の人が見送ってくれました。最初の停車駅、新津駅でも歓迎行事が行われました。

わずか10分の停車時間を利用して撮影したC57-180。前回乗車した時は「門デフ」の軽快なスタイルでしたが、今回は標準のデフレクターでスノープロウを取り付けた姿です。ヘッドマークには満開の桜と団子を手にしたおなじみのオコジョ。ところが磐越西線の沿線はまだ春にはちょっと早い様子でした。

SSCN58900492

沿線の山々にはまだ雪が残っていました。津川駅に到着し、給水作業の間に撮影していると雨が降り出しました。

SSCN58910493 山都(やまと)駅で再び撮影。雨はさらに強くなり、早めに車内に戻ることに。

SSCN58920494

会津若松駅に到着。駅では歓迎行事が行なわれ、改札口では大勢の人が出迎えてくれました。予想通りまだ寒く、春にはちょっと早い様子。

SSCN58930495

前回来た時はばんえつ物語号とあいづライナー号を同時に撮影出来ましたが、発車時刻が変わったのか入線が遅くなっていました。「あかべぇ」カラーの485系を撮影する人は意外と多かったようでした。

SSCN58940496 

719系「あかべぇ」カラーの4両編成。この後、転線して「一般色」の719系2両と連結し、6両編成となって郡山へ戻っていきました。

SSCN58950497

ようやく青空が見えてきたホームにキハ47の姿が。エンジンの駆動音が静かな駅構内に響いていました。

SSCN58960498

只見線を走ってきたキハ40が到着。貴重かもしれない2ショットを跨線橋から撮らせていただきました。

SSCN58970499

会津鉄道の快速「AIZU尾瀬エクスプレス」号を入れて3ショット。ホームに居座った甲斐がありました。

SSCN59010500

15時を過ぎ、会津鉄道の列車もようやく発車し、入換作業中のばんえつ物語号を撮影出来るチャンスがやってきました。しかし、ここで空から雨粒が落ちてきて天気が一変。曇り空に急変して雨に。結局、帰りのばんえつ物語号は雨の中出発することとなりました。

SSCN59020501

構内に雪の残る津川駅で本日最後の撮影。日が暮れて寒くなってきたので、撮影を終えて早々に自分の席に戻りました。

順調に走っていた運行初日のばんえつ物語号にこの後アクシデントが発生。停車する五泉(ごせん)駅の一つ手前、猿和田(さるわだ)駅の手前で急停車。その後、徐行運転で猿和田駅に移動。しばらく停車した後「線路に不具合が見つかった」とのことで徐行運転で五泉駅まで走り、その時点で完全に「遅延」が発生。新津駅に着いた時にはすでに17分遅れ。このままでは新潟駅到着も危うし、Maxとき348号への乗り換えも不可?手を合わせて祈るばかり・・・。180号機は相変わらず一定のペースで走行。この調子で大丈夫なのか。

約15分遅れで新潟駅に到着。階段を駆け上がって改札口を通過し、新幹線ホームへ。12両編成のMaxとき348号には売店もあり、一安心。結局、遅延のばんえつ物語号からの接続待ちということで2分遅れて発車することに。運行初日の復路は慌ただしくなってしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック